スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7戦7勝・10万円から始める南山式ETF(上場投信)投資術

  • 2009/03/29(日) 02:17:18


7戦7勝・10万円から始める南山式ETF(上場投信)投資術
7戦7勝・10万円から始める南山式ETF(上場投信)投資術
価格: 1,575円
販売元: 楽天ブックス

著者:南山宏治出版社:あっぷる出版社サイズ:単行本ページ数:190p発行年月:2006年07月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用


スポンサーサイト

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術(至高の銀行・証券会社編)

  • 2009/03/02(月) 17:17:32


黄金の扉を開ける賢者の海外投資術(至高の銀行・証券会社編)
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術(至高の銀行・証券会社編)
価格: 1,995円
販売元: 楽天ブックス

著者:橘玲/海外投資を楽しむ会出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:253p発行年月:2008年07月この著者の新着メールを登録する⇒「黄金の扉を開ける賢者」シリーズ1作目で個人投資家でもヘッジファンドにもプライベートバンクにも負けない、最強の運用手法を初公開し、海外投資の参考にする読者が急増。普通の人が日本にいながら小額からでも海外口座を持てる!90年代までは、個人が海外市場に投資するには、証券会社でバカ高い手数料を払ってファンドを買うしかありませんでした。しかし、時代は変わっていまや、日本、アメリカ、香港、ヨーロッパの4つのオンライン証券会社に口座を開くだけで、20以上の主要株式市場で全上場銘柄を買うことが出来ます。もちろん、アメリカ市場のETF、ADR、ロンドン市場のGDR、各国に上場されているREITなどを利用して、エマージング市場や世界の不動産に分散投資したり、米国債や社債をオンラインで取引することも可能です。本書では、日本の個人投資家が比較的取引しやすいと思われる13の銀行・証券会社について、口座開設のプロセスを紹介。少しくらい英語が苦手だってなんとかなっちゃう、口座開設マニュアルの決定版です。海外の銀行・証券を組み合わせて、世界市場にアクセスしよう!【内容情報】(「BOOK」データベースより)日本人が使いやすい13の銀行・証券会社を厳選。英語が苦手でも、少額からでも海外講座が持てる!【目次】(「BOOK」データベースより)1 タックスヘイヴンからプライベートバンクまで!海外投資の基礎知識(海外投資ってなに?/タックスヘイヴンってどんなところ?/海外の金融機関の特徴を理解する ほか)/2 口座開設から格安海外送金術まで!海外銀行口座活用マニュアル(口座の種類/必要書類と口座開設申込書/サインと本人確認 ほか)/3 世界中の市場にアクセスする!海外証券会社の使い方バイブル(証券会社の選択/口座開設/証券口座への送金 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)橘玲(タチバナアキラ)作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。2002年、金融情報小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用


Excelを使ったシステムトレードで「勝ち組」投資家になる

  • 2009/03/02(月) 04:55:13


Excelを使ったシステムトレードで「勝ち組」投資家になる
Excelを使ったシステムトレードで「勝ち組」投資家になる
価格: 1,890円
販売元: 楽天ブックス

著者:井上義教/オスピス出版社:同友館サイズ:単行本ページ数:164p発行年月:2007年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)勝負は5分5分であるにもかかわらずどうして負けてしまうのか、その根本的な原因にスポットライトを当て、どうすれば勝ち組投資家になれるのか、そのためには何が必要なのか、システムトレードをどのように利用していけばよいのかを明らかにした。【目次】(「BOOK」データベースより)「心理的偏向」によって損をする/「心理的偏向」を排除する仕組み/テクニカル分析/「心理的偏向」を排除するシステムトレードとは/システムトレードを作ってみよう/「負け組投資家」から「勝ち組投資家」へ【著者情報】(「BOOK」データベースより)井上義教(イノウエヨシノリ)1964年東京都生まれ。1988年大阪大学経済学部卒業、同年大和銀行入行。1991年よりロンドンの証券現法にて為替・債券のディーリング業務に従事するのを皮切りに、2003年に退社するまで為替・債券・スワップ市場を歴任、チーフディーラーとしてチームを統括した。現在、「個人投資家が負けないためのツール」であるシステム売買の啓蒙を行うため、株式会社オスピスのチーフアナリストを務める。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。